2012年06月26日

住宅展示場

2011年9月23日の日記
書いたまま、ブログに載せるのを忘れていた日記があったので、防忘のために、古いけど載せておこう。

今日は、秋分の日。

だいぶ涼しくなって、過ごし易くなってきた今日この頃。

世間的には3連休という事もあって、
(中には9連休という人も!)

各地の住宅展示場で催し物をやっている。

広告もたくさん入っていた。

うちは、2歳と5歳のワンパクがいるので、

今の社宅では、かなり手狭だ!

ということで、近くの住宅展示場へ、レッツラGO!

(僕的には、まだまだ買う気は無いんだけど。。。
妻は真剣に考えている。。。)

着くと、早速フワフワドーム(中に空気を送って、子供たちがピョンピョン跳ねるやつ)へ

子供たちが走り出した。

2歳の子供は、まだ危ないので、僕がついていく。
(2歳の子は、上のお兄ちゃんと同じ5歳だと思って、何でもしてしようとするので、超危険)

汗だくになりながらも、全く出てくる気配が無い。

やっと出てきたと思ったら、ジュースをおねだりして

飲み終わると同時に、またフワフワドームへ走り出した。。。(T_T)

気が付くと、嫁が展示場を見てまわり終わり、手にはいろんな住宅会社のパンフレットなどを

どっさりぶら下げている。。。

今日もまた、自分の時間をあまり確保できないまま、

1日が過ぎて行こうとしている。。。。。。。。

セノビックとは?

posted by 株屋博士 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

連休明け

2011年9月20日の日記

書いたまま、ブログに載せるのを忘れていた日記があったので、防忘のために、古いけど載せておこう。

3連休明けの今日は、ムチャクチャ忙しい。

朝から電話もよく掛かり、郵便もたくさん来ている。

昼からは来客もある。

3連休、良いようで悪い。

僕的には、祭日は水曜日にしてくれた方が

ありがたいんだけど。。。

2日働いて1日休み、
2日働いて2日休み。

ってなったら幸せだなあ〜〜〜

どろあわわとは?

posted by 株屋博士 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

台風でも安心

みんなの住んでるところ、台風どうだった?

うちは台風が逸れたので、雨や風は大したことはなく、よかったです。

でも、テレビを見てたら、すごいですね。
土砂崩れなど、気を付けてください。

4号が通り過ぎたかと思ったら、次にはもう5号が来るようですね。

やはり入っておきたいのは保険ですね。

うちは、無料で信頼できるプロのFPさんに相談して、その人とそっくり同じ保険に入っちゃいました。

補償内容も充実しているのに、前の保険より掛ける金額が下がりました(笑)

 保険マンモスの口コミを見て、無料でFPに相談!

posted by 株屋博士 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

しわやたるみが出来る理由

どんな人でも、年を取ればしわやたるみとは無縁ではいられません。肌の老化はどんな人にでも等しく出てくる、当たり前のことともいえるでしょう。

肌にはターンオーバーと呼ばれる、古い皮膚は体から取れ新しく作られるというサイクルがあります。

正常にターンオーバーが行われているうちは、肌の古い角質が定期的に落ちます。

常に肌は活性化され、しわやたるみはできません。

しかし、加齢と共にターンオーバーの周期は少しずつ長引いていき、古い角質層が残りやすくなります。

古くなった皮膚が肌に留まり、新しい皮膚がなかなか作られなくなるとしわやたるみが増加します。

また、加齢はコラーゲンの生成力も弱くします。

皮膚内のコラーゲン量が少なくなると肌はみずみずしさや弾力性を損なうため、しわやたるみが戻りにくくなります。

弾力性の低下した肌は重力に引かれてたるみを助長します。

いずれも体内の老化現象によっておこるものなので、仕方の無いことなのかもしれません。

しわやたるみは、乱れた食生活やストレス続きの生活、喫煙や飲酒の習慣などにも変わっています。

肌に悪影響を及ぼすものに太陽光があります。若い頃は良くても、後々にツケが回ってくるようです。

しわやたるみができてしまった肌を若い頃に戻そうとしても、かなり困難です。

加齢による肌の影響を少しでも遅らせるため、早い段階からしわやたるみの対策を重ねていきましょう。
 
 
 ほうれい線を消す美容液ベスト3
 
 
 
 
 
posted by 株屋博士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

クッキー、キャンディー、ケーキなど

10日間で4.5kg 痩せたければ、糖分は避けよう。

砂糖も太る原因の一つに挙げられますが、

甘いものに目がなくて我慢できないという人がたくさんいるのも事実。

今までお菓子をそんなに食べてこなかった人であれば、問題ないかもしれないが、

今までに食後に、仕事の合間にとおやつを食べてきたような人は、気をつけなくてはいけない。

糖質は体内にすばやく取り込まれるために、内臓での消化作業に過剰な負担がかかり、

血液内で蓄積されると脂肪に変わってしまう。

甘いものが大好きな人にとって、食べないで過ごすのは簡単なことではないのだが、

減量したければ避けるべき。

甘いものには栄養価もほとんどないし、無意味なカロリーを摂取するばかり。

無駄に食べれば、全て脂肪となって体に現れる。

少しでも口寂しさを抑えたいのであれば、おすすめなのは梅干しや昆布などのお菓子。

市販でも最近多くのアルカリ性食品お菓子を見るようになった。

手軽に食べることができるし、何度も噛まないといけなかったりするので、空腹を満たしてくれたりもする。

パンなどの炭水化物を全て取り除くというダイエット方法もあるが、パンには栄養価があり、少なくともお腹を満たしてくれる。

甘いものは何の栄養もない。無駄なカロリーだけが、どんどん体に蓄えられてしまう。


ボニックの苦情・解約が多い理由|高級ダイエットマシンが980円

posted by 株屋博士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。