2006年06月09日

ニューヨーク・香港その他アジア・ヨーロッパの市場にも注意を払おう!

世界同時株安がなかなか止まりません。

今回の上昇相場は昨年(2005年)4月21日10770円からスタートしていると考えると、本年4月7日17563円まで約一年で6800円近く上昇したことになります。


5月に入ってから、色々な悪材料が指摘されて、世界中の株価が大きく下げていますが、基本的には世界的な金利上昇不安から完全に株式市場や商品市場から資金が流出していることに起因しています。


東京市場では、上記の資金流出に加えて信用買い残が積みあがっていたことで、一度下げに転ずればスパイラル的な売りがでる、脆弱な需給内容となっていたことが更に下落に拍車をかけることになりました。


1月23日ザラバ安値15060円を本日寄付きからあっさり割ってしまったことは、この相場の弱さを証明しております。


本来、株というものは、前の安値近辺では一旦ゆり戻しがあるものですが、昨日はそんなことはお構いなしでした。


そこで、底値のメドですが、半値押しで計算してみますと昨年11月9日終値の14072円を少し下回る水準か、若しくは、あまり言いたくはないのですが、三分の二押しの場合昨年10月21日の安値の13000円前後が意識されます。


私としてもそんな馬鹿な、と思いたいところですが、昨日の15060円割れを多くの方はそこまではないだろうと思っていたのではないでしょうか。


相場は、市場内に強気派が居るうちは底を打たないというのが昔からの常識です。


昨日は26億株5245万株と久々に出来高が伴い、セミ・セーリングクライマックスの様相を呈していました。


できれば、ここがセーリングクライマックスであってもらいたいものです。


一応、出来高を伴って下げたこと、マイナス乖離率がおおきくなっているため自立反発は近日中にあるでしょうが、その後の下げでまたぞろ今回の安値を下回ってくれば、先にあげた半値押しが現実的なものとなってきます。


悪い話だけでは疲れますので、一つだけ朗報ですが、昨日発表された投資主体別売買動向では4週間ぶりに外人が買い越した模様です。


つじつまが合わないように思われる方もあるかと思いますが、外資のファンド等は資金を借りて投資していますので資金返済売りに回っていますが、オイルマネーのような潤沢な現金を所有している主体は、大バーゲンセールをせっせと買っているのですね。


現金のある人が強いということお解かりいただけると思います。

底を打てば大きく上げることを約束されたようなものです。

-----------------------------------------------------------


■デイトレード + α 非常識1000倍投資実践会


あなたも勝組投資家になる「秘策」 〜 改訂版完全バージョン

                   実践解説CD付き


こんな投資法があったんですね!

結構おもしろいです。

最近はSQでバッチリ動いてますし、かなり良いかも。


数倍のリターンが狙えます!
最近の変動なら数十倍も十分可能です!


リスクはもちろんありますが、あまり自己資金のない個人投資家
の方なら、1万円捨てる覚悟で50万円を狙ってみても良いので
はないかと思いますよ。


まさに、目からうろこの投資術です。

posted by 株屋博士 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(3) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

デイトレード必勝ツール
Excerpt: デイトレード初心者が株で稼ぐ方法、必勝ツール、オススメ本の紹介など。
Weblog: デイトレード必勝ツール
Tracked: 2006-06-18 01:26

システムトレード
Excerpt: システムトレード作成支援HPです。今からの時代はシステムトレードです!!
Weblog: システムトレード
Tracked: 2006-06-18 02:21

資産運用「株」トップページ
Excerpt: 個人投資の主役は昔も今も「株」です。まずは口座開設。次に本選び。学べるところは学びながら実践へ進みましょう。
Weblog: 資産運用「株」
Tracked: 2006-06-21 01:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。