2006年06月14日

6月SQは、ビッグチャンスの到来でした!

-----------------------------------------------------------
  ■6月SQは、ビッグチャンスの到来でした!
-----------------------------------------------------------

「やはり、株式だけでは対応できないなぁ。
しかし、信用取引の様なリスクは絶対背負いたくない!」

とお思いの方などは、今すぐこちら。

 → http://tinyurl.com/hxjrf


相場に変動がある限り、常に儲けるチャンスがある!
株式では、対応できない戦略とスピードが、何より魅力です。

そして、そうする事で、
無駄なストレスや時間を排除し、もっと合理的に相場を利用できる
はずです。


まだ知らずに大損し続けますか? 
投資で勝つもっとも有効な方法は、大勢の裏にある「花」を見つけ
る事です。



必勝!相場の裏側まで勝つための投資術 「秘策」

 → http://tinyurl.com/hxjrf


税制改正、口座開設基準緩和などの規制緩和により、
個人投資家にも可能になった投資法!


21世紀にあなたは株式だけで大丈夫?
リスク少額限定(数万円から)、投資効果絶大(10〜30倍目
標)!!



きっと生涯に役立ち、おまけに投資全般に応用できます。

  
是非一度ご確認下さい。

→ http://tinyurl.com/hxjrf



----------------------------------------------------------
■アメリカ連銀総裁発言&日銀総裁問題のダブルショック!!
----------------------------------------------------------

12日のNY株式市場はクリーブランド米地区連銀総裁のインフレ
懸念発言で大きく下げ、ようやく下げ止まりの機運を見せていた市
場に冷や水をかけるような内容で、NYダウは99ドル34セント安
(0.91%の下落)、NASDAQは43.74ポイント安(2.05%の下
落)でした。



これを受けて始まった13日の東京市場は、183円安で寄り付いた後、
下げ渋る場面もありましたが、後場に入って日銀の福井総裁が村上
ファンドに出資していたことが、参院で取り上げられると、スパイ
ラル的に売り物がでてダブルショックの様相を呈し、615円安の安
値引けで終了しまた。



昨日、私の希望的なシナリオとして「今週の前半は出来る限りリバ
ウンドで高値をとっていき、その後、押し目を作った時点で、ちょ
うど月末のアメリカFOMCの「利上げ打ち止め」か「次回打ち止
め宣言」を好感して大幅高を演じ、14389円を下回らないだけでな
く、25日移動平均線の上に株価が上昇してくること」と願っており
ましたが、見事に且つあっさりと14389円の6月9日ザラバ安値も下
回ってしまいました。



これで、もう一度やり直し、振り出しに戻ってしまいました。



今後は、最悪のシナリオとして指摘しておいた「半値押しレベルの、
昨年11月9日終値の14072円を少し下回る水準か、若しくは、あま
り言いたくはないのですが、三分の二押しの場合昨年10月21日の安
値の13000円前後」がまたもや意識されます。



昨日のさげの特徴は、出来高19億6657万株とそれほど商いを伴わず
に下落しただけに、底入れ感も感じられず、少々弱りぎみです。



一説によると、米国政治のある理由で、先週から要人のインフレ発
言が繰り替えされているという指摘もありますが、真偽のほどは分
かりません。



彼らのインフレ発言に市場の反応が鈍くなってきた時(株式市場は
強気の場合は、悪材料に反応しない)には、安心して買える時と考
えても良さそうです。


posted by 株屋博士 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日銀福井総裁と株価の関係・・・
Excerpt: 福井俊彦日銀総裁が村上ファンドに出資!!今週は、この話題が注目を浴びていましたね。個人的には、日銀総裁のように、一つ一つの政策が株価や債券価格などに影響をもつ立場の人間であれば、就任と同時に、株やファ..
Weblog: 株初心者の投資チャレンジ日記♪
Tracked: 2006-06-17 16:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。