2006年06月27日

FOMCの結果待ち。でも、底値固めからから上値を伺う?

28日、29日のFOMCが気になって大きく買い上がることもできな
い相場ですが、26日の東京市場は、先週末のニューヨーク市場が週
末のFOMCを警戒しながらの動きで買う材料も乏しいことから下
げたのを受けて下げてはじまりました。


前場は薄商いの中一貫してマイナス圏で終始しましたが、後場は主
力株中心に買われました。


特に、世界的な鉄鋼業界の再編が進むなか、買収防衛策を模索する
鉄鋼株は、朝方からしっかりとした動き!


後場からは、ソニー、トヨタなども買われ日経平均は小幅上昇の28
円36銭高でひけました。


26日の相場の動きも23日の動きと類似した動きで、一時15000円を
割り込んで137円程下げる場面があったものの小幅高陽線で引けた
流れを見ていますと、下値を固めながら上値を伺っているような動
きとなっています?


日経平均の日足をチェックしてみますと、この3立会日では陽線が
続いています。更に特筆すべきは6月21日にザラバ安値が14987円、
22日が14812円、23日が14865円そして26日が14987円と下値が切り
上がってきています。


思い出してください。


5月からの相場の調整過程では、ドンドン下値がきり下がってきて
いました。


以前にも、指摘しましたが相場が下げる時のパターンは下値がドン
ドンきり下がっていきます。


ところで26日はザラバで25日移動平均線を一時上回りました。

残念ながら大引けではとどきませんでしたが、参考までに26日時点
の25日移動平均は15180円となっています。


いよいよ正念場にはいってきました。


ここからすんなりと実体で25日移動平均を上回ってくるか、それと
もここで一旦弾かれてから前波動の下値を下回らずに反騰してくる
か、それとも週足ベースでダブル底を確認しにくるか?



あなたは、どのように判断しますか?
posted by 株屋博士 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。