2012年05月25日

低脂肪・ダイエット用と記されているもの

ダイエット中は、いわゆる「ダイエット」フードを食べれば良い

―あなたもこう考えていません?

最近では、コマーシャルでも話題のダイエット食品が数多く出回ってます。

スーパーに行けばこれらの食品がずらりと並んでいますが、

たいていのものは化学物質をはじめ、通常の食事よりも良くない成分が含まれている。

例えば、カロリーメイトや大豆を減量にしたお菓子。

あれはすべてダイエットをサポートする健康補助食品。

それだけを食べていては体に負担がかかるだけ。

では、置き変えなどでブームになっている商品はどうか?

確かに、カロリーも栄養もしっかりとコントロールされており、

今までのご飯をそれに置き換えるというのは悪くないかもしれません。

しかし、あくまでも科学的に作られたもの。

体にいいことはないのです。

「ダイエット」フードなのだと思って、結果として

通常以上に食べてしまっている、この事実を私たちは見逃している。

さらに、これらの食品には、通常の砂糖より悪質の

代用品(最近よくあるものです)が使われている。

私たちは、少しでもカロリーの低いものを摂れば良いという考えから、

低脂肪やダイエット用の食品に走る傾向にある。

普段の食事をこれらに置き換えてもカロリーはさほど変わらないし、

加えてこれらの食事には化学物質が含まれていることに気づかなくてはならない。

補助食品は低脂肪だからといって、一袋食べて良いとは思わないこと。

低脂肪やダイエット用ものよりも、家で普通の食事を摂る方が、

食べ過ぎの誘惑にかられることもないだろう。

 ボニックの口コミ|感想から評判と効果を確認


ラベル:ダイエット
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。