2012年06月01日

クッキー、キャンディー、ケーキなど

10日間で4.5kg 痩せたければ、糖分は避けよう。

砂糖も太る原因の一つに挙げられますが、

甘いものに目がなくて我慢できないという人がたくさんいるのも事実。

今までお菓子をそんなに食べてこなかった人であれば、問題ないかもしれないが、

今までに食後に、仕事の合間にとおやつを食べてきたような人は、気をつけなくてはいけない。

糖質は体内にすばやく取り込まれるために、内臓での消化作業に過剰な負担がかかり、

血液内で蓄積されると脂肪に変わってしまう。

甘いものが大好きな人にとって、食べないで過ごすのは簡単なことではないのだが、

減量したければ避けるべき。

甘いものには栄養価もほとんどないし、無意味なカロリーを摂取するばかり。

無駄に食べれば、全て脂肪となって体に現れる。

少しでも口寂しさを抑えたいのであれば、おすすめなのは梅干しや昆布などのお菓子。

市販でも最近多くのアルカリ性食品お菓子を見るようになった。

手軽に食べることができるし、何度も噛まないといけなかったりするので、空腹を満たしてくれたりもする。

パンなどの炭水化物を全て取り除くというダイエット方法もあるが、パンには栄養価があり、少なくともお腹を満たしてくれる。

甘いものは何の栄養もない。無駄なカロリーだけが、どんどん体に蓄えられてしまう。


ボニックの苦情・解約が多い理由|高級ダイエットマシンが980円

posted by 株屋博士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

低脂肪・ダイエット用と記されているもの

ダイエット中は、いわゆる「ダイエット」フードを食べれば良い

―あなたもこう考えていません?

最近では、コマーシャルでも話題のダイエット食品が数多く出回ってます。

スーパーに行けばこれらの食品がずらりと並んでいますが、

たいていのものは化学物質をはじめ、通常の食事よりも良くない成分が含まれている。

例えば、カロリーメイトや大豆を減量にしたお菓子。

あれはすべてダイエットをサポートする健康補助食品。

それだけを食べていては体に負担がかかるだけ。

では、置き変えなどでブームになっている商品はどうか?

確かに、カロリーも栄養もしっかりとコントロールされており、

今までのご飯をそれに置き換えるというのは悪くないかもしれません。

しかし、あくまでも科学的に作られたもの。

体にいいことはないのです。

「ダイエット」フードなのだと思って、結果として

通常以上に食べてしまっている、この事実を私たちは見逃している。

さらに、これらの食品には、通常の砂糖より悪質の

代用品(最近よくあるものです)が使われている。

私たちは、少しでもカロリーの低いものを摂れば良いという考えから、

低脂肪やダイエット用の食品に走る傾向にある。

普段の食事をこれらに置き換えてもカロリーはさほど変わらないし、

加えてこれらの食事には化学物質が含まれていることに気づかなくてはならない。

補助食品は低脂肪だからといって、一袋食べて良いとは思わないこと。

低脂肪やダイエット用ものよりも、家で普通の食事を摂る方が、

食べ過ぎの誘惑にかられることもないだろう。

 ボニックの口コミ|感想から評判と効果を確認


ラベル:ダイエット
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。