2005年12月02日

3倍、4倍となるチェーン・ストアーを探すには!

35歳でセミリタイヤするための資産運用49の法則
〜普通のOL・サラリ−マンにできるセミリタイヤ資産運用マニュアル〜

   http://fm7.biz/5y

------------------------------------------------------------
東京市場の平均株価は、2000年12月13日の1万5168円
68銭以来、ほぼ5年振りに、引け値で1万5000円を回復しま
した。


目先調整も、どうやら2日間のスピード調整で終わり、買い意欲の
強さを改めて確認したかっこうですが、15,000円も単なる通
過点で一気に16,000円を目指すとの見方もあります・・・。


しかし、賢明なる投資家は、熱くならず、強気のスタンスの中にも
慎重な姿勢を持ちつづけて対処するものです。


欧州中央銀行(ECB)は、理事会で5年ぶりの利上げを決定しま
した。


主要政策金利である定例買いオペの最低応札金利を0.25%ポイ
ント引き上げ、2.25%としております。


円安が更に進みそうですね!
追い風となる銘柄とそうでない銘柄もありますが、将来の円高を期
待してドルを持つ外人が日本株を買うにはもってこいです。



それでは、本日の本題に入りたいとおもいます(笑)

皆さんもなじみの吉野家、スターバックス、ファーストリテイリン
グ、ドン・キホーテその他多くのチェーン・ストアが上場していま
すが、これらの銘柄は売上高だけを注意していると、思わぬ大損を
蒙ることがあります。


実は、チェーン店の売上高を構成する内容が、その後の株価が大き
く買われるか、それとも売られるかの結果に影響します。


答えは、とても簡単・シンプルで、言われれば「なんだ、当たり前
じゃないか、人をバカにするな」とお叱りを受けるかも知れません。


でも、言われないと気がつかないのであれば、それは、2歩も3歩
も知っている人より出遅れたことになります。


株式投資の世界では、その出遅れは「負け」を意味するのです。


そこで、あなたに理解しておいて頂きたいのですが、この小売・チ
ェーン店は新規出店で今期は何店舗とか、よく発表されます。


私たちもそれを聞いて「勢いがあるなー」と思い、投資判断の一因
にしたくなります。

なぜなら、新規出店=売上増となるからです。


しかし、いくら新規出店で売上が増加したところで、既存店の売上
が低下傾向の場合は、決して買ってよい銘柄とは言えないのです。


チェーン店(小売)の命は「売上高」ですが、既存店の不振を新規
出店で補おうとした時、チェーン店に待ち受けているものは、在庫
負担と資金繰りの悪化なのですから。


もし、貴方が3・4倍になるチェーン店銘柄を発掘したいのであれ
ば、既存店売上の伸びている銘柄を買うべきです。


このことは多くの方が、気がついていませんが、とても重要なこと
です。


是非、企業の売上高発表の内容に注意しましょう。


35歳でセミリタイヤするための資産運用49の法則
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

旨みのある銘柄を探す、とても簡単な方法って?

   チャンス!チャンス!チャンス!
   この機会を逃さないために。。。

15000円越えです!

それでは、今後の相場をより有利に運ぶ為にも、ここで割安銘柄の
発掘法を一つご紹介いたしましょうか・・・!!


  ●割安銘柄の発掘法●

あなたは、ご自分が銘柄を選択する場合、株価の水準が買われ過ぎ
かどうかを判断する方法として、どんな方法を使っていますか?

一般的にポピュラーな方法としては、PER(株価収益率)を使っ
ているのではないでしょうか!

このPERは、現在の株価を一株益で割って計算された値で、買わ
れ過ぎか否かを判定しますが、買われ過ぎとはいったい何倍からな
のか、私には、曖昧に思えてなりません。

一般的には20倍以上ならば買われ過ぎとか、何倍までなら買って
良いとか言っていますが、この基準は全銘柄の平均PERを参考に
しているようです。

しかし、35倍でも買われる銘柄は買われるのですから!

そこで、もう一つ別な観点から株価を見ることができます。

それは、現時点でその会社が解散したなら、一株いくらの価値にな
るのかという、貸借対照表の純資本つまり株主資本から判断する方
法です。

この純資本を発行済み株式総数で除しますと、一株株主資本が算出
されます。

つまり、この会社は現在、一株○○円の価値を実質的に持っている
わけですから、現在売買されている市場価格と比較して市場価格が
大幅に上回っていれば買われすぎ、下回っていれば安値におかれて
いる訳です。

だだ、これだけでは片手落ちです。

もし厳格に算定するならば、最低でも当期と来期の一株損益を加減
して算出した、一株株主資本を使用しなければなりません。


以上、言葉で説明すると、複雑に思えるかもしれませんが、計算は
非常に簡単です。

四季報には、必ず表示されていますので、銘柄選定の参考にして下
さいね!

さあ、今日もがんばりましょう!
posted by 株屋博士 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旨みのある銘柄を探す、とても簡単な方法って?

   チャンス!チャンス!チャンス!
   この機会を逃さないために。。。

15000円越えです!

それでは、今後の相場をより有利に運ぶ為にも、ここで割安銘柄の
発掘法を一つご紹介いたしましょうか・・・!!


  ●割安銘柄の発掘法●

あなたは、ご自分が銘柄を選択する場合、株価の水準が買われ過ぎ
かどうかを判断する方法として、どんな方法を使っていますか?

一般的にポピュラーな方法としては、PER(株価収益率)を使っ
ているのではないでしょうか!

このPERは、現在の株価を一株益で割って計算された値で、買わ
れ過ぎか否かを判定しますが、買われ過ぎとはいったい何倍からな
のか、私には、曖昧に思えてなりません。

一般的には20倍以上ならば買われ過ぎとか、何倍までなら買って
良いとか言っていますが、この基準は全銘柄の平均PERを参考に
しているようです。

しかし、35倍でも買われる銘柄は買われるのですから!

そこで、もう一つ別な観点から株価を見ることができます。

それは、現時点でその会社が解散したなら、一株いくらの価値にな
るのかという、貸借対照表の純資本つまり株主資本から判断する方
法です。

この純資本を発行済み株式総数で除しますと、一株株主資本が算出
されます。

つまり、この会社は現在、一株○○円の価値を実質的に持っている
わけですから、現在売買されている市場価格と比較して市場価格が
大幅に上回っていれば買われすぎ、下回っていれば安値におかれて
いる訳です。

だだ、これだけでは片手落ちです。

もし厳格に算定するならば、最低でも当期と来期の一株損益を加減
して算出した、一株株主資本を使用しなければなりません。


以上、言葉で説明すると、複雑に思えるかもしれませんが、計算は
非常に簡単です。

四季報には、必ず表示されていますので、銘柄選定の参考にして下
さいね!

さあ、今日もがんばりましょう!
posted by 株屋博士 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素材の高騰と株高の関係

東証1部の住友金属鉱山は日本を代表する「産金株」として有名で
すが、その株価が9月に長期のボックス圏から上放れて、新値を更
新し勢いが加速しています。


チャートをご覧になるとお分かりになると思いますが、2004年
1月から2005年8月まで800円を挟むボックス圏で、推移し
ていました・・・。


この動きの裏には、商品市況の「金」価格の騰勢が、大きな影響を
与えている訳ですが、この金価格の軌跡を追って見ますと、200
0年10月の、1オンス260ドル前後を底に現在まで、一貫して
上げ続け、ついに1オンス500ドルの大台に乗るところまできて
います。


反面、原油市場は8月半ばに1バーレル70ドルをつけた後は、下
げに転じていますが、東京株式市場と類似して商品市況でも資金の
循環物色が、旺盛なようです。


当然原油市場で潤った「オイルマネー」は、昨日お話ししました
「強いドル」で相対的に割安な日本株を、力ずくで買ってくるわけ
ですから、東京市場は過熱感があるにもかかわらず、売られても直
ぐに買い戻される展開となっています。


このような流れから、今回の素材市況の高騰は、住友金属鉱山のよ
うな個別銘柄を買う口実を与えながら、中長期的に全体の銘柄の水
準訂正が更に顕著になって行くものと思われます。


多少、短期の調整があっても、ロングで見れば日本株の上昇は、ま
だ道半ばというところでしょう。


この流れには逆らわないようにしましょう!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。

でも、結果が出ました!!!凄いです!!!

12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)



   http://fm7.biz/dn



投資で儲けた分の一部を自分の頭に再投資することは、
とても大事なことです!
posted by 株屋博士 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

外人はダブルで儲けているのです!ということは・・・&11/30まで

株、FXが意味不明でも簡単に12日間で29万円稼ぐ投資法を徹底検証!

ページ下に無料プレビュー版があります♪

----------------------------------------------------------

忘れないように【本日11月30日まで】のお知らせを先に。。。

「超短期投資分析表作成マニュアル」⇒ http://fm7.biz/5w

をお申し込みいただきますと、

「稼ぐ株式投資 最初の一歩」⇒ http://fm7.biz/79

を無料で差し上げています。


無料提供は【本日11月30日まで】のお申し込みで終了です。
「この機会に」とお考えの方は今すぐお申し込みください。


「こんな手引書が欲しかった・・・」
「自分の投資法の間違いがわかりました・・・」
「株投資に対する考え方が理解でき、とってもためになりました。」


こんなメールを多くいただいています。
このマニュアルはきっとあなたのお役に立てると思います。

お申し込みはこちらから⇒ http://fm7.biz/5w


-------------------------------------------------


いよいよ日経平均が15,000円を射程距離にとらえてきました。


あなたの成果は如何でしょうか?


昨日の主役は、ここのところ調整気味のブルーチップ銘柄をよそに、
値ガサ系ハイテク・半導体関連が上げを牽引しておりました。


相場自体は、主役が順番に入れ変わりながら、好循環の物色が続い
ており、アドバンテストが大幅高、東エレク、TDK、ソニー、シ
ャープが堅調でいずれも年初来高値を更新、日立、東芝、三菱電機
といった、主力ハイテク株も値を上げています。


指標の上では、先日、日経平均が28日の終値ベースでマイナスで
引けた場合には、目先調整となると指摘しておきましたが、このこ
とには変わりありません。


29日もこの指摘は生きております。


ところで、日経平均が15,000円目前まで上げてまいりました
が、この上げを後押ししているのは、こちらも120円目前まで下
げてきた円の神通力でしょうか。


確かに、円安によってハイテク輸出産業は「国際競争力」がつく訳
でしょうから、買われて当たり前ですが、もう少し深読みして見ま
すと、更に株価上昇のわけがあります。


今回の円安は、アメリカの国策がらみということは、以前にお話し
してございますが、この円安は一説によりますと、来年初頭に12
5円ぐらいまで進むという人もいます。


一時105円前後で推移していた円ですが、その頃から比較すれば
ドルの購買力は14%以上強くなっています。


かといって、現在、日本株を売る理由は何もないどころか、世界で
一番魅力のある市場なのですから、強まったドルを持っている外人
にとっては相対的に安く日本株を買えるチャンスです。

------------------------------------------------------------
それだけではなく、彼等にとって次に来る円高で、十分に利益の乗
った日本株を売ってドルに換えればダブルで儲かることになります。
------------------------------------------------------------

いかがですか、このストーリーは、どうも3年前から出来上がって
いたように思えてなりません。

今となってはですが(^_^;)


そのころ、外人の第一陣の大量買いが始まりました。
丁度、日経平均が最安値を付けたころです。


またしても、彼等にやられるのでしょうか!
日本の投資家ガンバレ!



下記無料レポートも是非、お読みください・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。

でも、結果が出ました!!!凄いです!!!

12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)


http://fm7.biz/dn


投資で儲けた分の一部を自分の頭に再投資することは、
とても大事なことです!
posted by 株屋博士 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

出来高の増加は果たして【急騰】の前兆か?


出来高を伴って株価が上がるのは誰も疑う余地はないでしょう。


そういう意味では、株価は人気投票ということがいえますが、よく
一般的に言われている、出来高の急増した銘柄が、急上昇する人気
のある銘柄だと言えるのでしょうか・・・。


もしあなたが、否と答える方であれば、あなたは大変よく株式投資
を研究している方か、又は株式投資について、大変センスの良い考
えをお持ちの方だと思いますよ。


確かに株が大きく値をとばす時には、出来高が増えることは疑う余
地は有りません。


これは人気投票と言われる所以ですが、実はよーく観察してみると
出来高がともなって値を下げる場合もたくさんあります。


特にセーリング・クライマックスでは、出来高を伴って下げて大底
をつけます。

これも、一種のバロメーターにはなるでしょう。


特に大底圏では、天井圏と同じく大変出来高が増える場合が多いの
です。


従って、出来高だけで一方的に上昇する方向を占うのは危険なこと
なのです。

(そこでボリュームレシオという指標を100%ではありませんが、
その有効性を認めることが出来るのです)


つまり出来高は「人気投票」という面と、「不人気投票」という側
面を持っているということも理解しておかれることは、大変重要な
ことです。


本日のブログでちょっととした気づきを得ていただければ嬉しい
です。


下記無料レポートも是非、お読みください・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。


でも、結果が出ました!!!凄いです!!!


もう〜!直接教えてあげたい〜!今すぐ教えてあげたい〜!っす。


でも著作権に引っかかるので、ここには書けません。
下のリンクからサイトを見て、確かめてください。


魅力的な内容です。でも、怪しいです。


そんな人の為に、下のほうに無料プレビュー版もあるので、迷われ
る方は手に入れてください。


http://www.be-emotion.com/


12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)


カブヤは、12日で、この商材の金額の○○倍を稼ぎました♪
さらに12日後には・・・
(実際の金額はここには書けません(^_^;)


いつまでも利益の出ない情報ばかりではダメですねえ。
やはり、結果の出ている情報が一番ですネ♪


これからの時代は、ますます情報とスピードの差で、手に入れられ
る金額の差が広がっていきますね!


○情報を手に入れる
  ↓ ↓
○素直に、実行する


これができる人は、数%だと思いますが、行動をすれば、必ず何ら
かの結果がついてきます。


行動しない人には、良い結果も悪い結果もついてきません。
ということは、結局悪い結果なのですよ!


いつまでも行動できない人は、行動する事が大事!
損することばかり考えると、行動できなくなります。


まず、無料プレビュー版だけでも見てください。


http://www.be-emotion.com/


投資で儲けた分の一部を自分の頭に再投資することは、
とても大事なことです!
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

上昇相場ので銘柄選びは、ここに気を付けろ!【テーマ】の重要性

誰もが儲かる上昇相場が続いていますが、あなたの投資成績は
どうですか?


多くの銘柄が、移動平均線に沿って右肩上がりに、上昇して行く
のですから、これほど美味しい相場はないですね!


それとも、指をくわえて、ただ上って行くのを見ているだけ?

そんなことはないですよね!


このような相場の場合、何を買っても儲かるからといって、とかく
買い方が荒くなることがあります。


大切な資金を投資するのであれば、利益を得るにしてもより大きな
利益を目指すべきです。


そのためには、どの様にしたら良いのでしょう。


思うような投資成績を残しておられる方は、常に意識していらっし
ゃると思いますが、どんな相場にも必ず「旬なテーマ」と言うもの
があります。


この「テーマ」というものを念頭に投資するのと、無視して投資す
るのでは、成績は大きく違ってきます。


例えば「2000年〜2001年」にかけては、ご存知「インター
ネット関連」の銘柄が大きく値を飛ばした「ITバブル」でした。
現在の相場は「中国関連」や「市況関連」などが、火付けやくと
なっています。


それに続いて「不良債権処理」が片付き、好業績を背景に「金融関
連」が買われ、経済の血液としての通貨の流通が円滑になったため
「不動産関連」や他の「内需関連」銘柄も安心感から、買われてい
ます。


ところで、「株は懐疑の中に育つ」もの!

大きく値を飛ばしている銘柄に気をとられていると、少しづつ鎌首
をもたげてきている銘柄を見落としてしまうこともあります。


----------------------------------------------------------
今後のテーマは「次世代エネルギー」「ICタグ」「ナノテク」
「地球温暖化」等々あります。
----------------------------------------------------------

さて、あなたは、どんな【テーマ】に注目していますか?!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。


でも、結果が出ました!!!凄いです!!!


もう〜!直接教えてあげたい〜!今すぐ教えてあげたい〜!っす。


でも著作権に引っかかるので、ここには書けません。
下のリンクからサイトを見て、確かめてください。


魅力的な内容です。でも、怪しいです。


そんな人の為に、下のほうに無料プレビュー版もあるので、迷われ
る方は手に入れてください。


http://fm7.biz/dn


12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)


カブヤは、12日で、この商材の金額の○○倍を稼ぎました♪
さらに12日後には・・・
(実際の金額はここには書けません(^_^;)


いつまでも利益の出ない情報ばかりではダメですねえ。
やはり、結果の出ている情報が一番ですネ♪


これからの時代は、ますます情報とスピードの差で、手に入れられ
る金額の差が広がっていきますね!


○情報を手に入れる
  ↓ ↓
○素直に、実行する


これができる人は、数%だと思いますが、行動をすれば、必ず何ら
かの結果がついてきます。


行動しない人には、良い結果も悪い結果もついてきません。
ということは、結局悪い結果なのですよ!


いつまでも行動できない人は、行動する事が大事!
損することばかり考えると、行動できなくなります。


まず、無料プレビュー版だけでも見てください。

http://fm7.biz/dn



投資で儲けた分の一部を自分の頭に再投資することは、
とても大事なことです!

posted by 株屋博士 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

28日以降、日経平均が前日比マイナスなら、目先調整する。

ここのところの好決算に加えて、ニューヨークの上昇基調を好感し
て、東京市場は力強い上昇を続けていますね。

外人投資家の買いが、史上最高に近づく一方、出遅れていた国内勢
は「買わないリスク」を感じ始めているところです・・・。

25日の大引けで「サイコロ」(日経平均)10勝2敗、
83.3%と過熱圏の指数が、示現しています。

その他、「ボリューム・レシオ」「RCI」ともに過熱圏の指数が
現れていることで来週は、今後の上昇エネルギーを蓄える意味でも
一服が欲しいところですね。


日経平均の超短期分析は、構成株式数は一銘柄の分析ではありませ
んので、継続して分析していきますと、循環物色が利いている場合、
即「買い転換」する場合がありますので注意が必要です。

それにしても、再度申し上げますが、この辺で踊り場をつくりたい
ところですね!

上昇エネルギーを蓄えるためには、買われ過ぎはいけません。

利食った資金が、出遅れ株に回り上昇して利食い、更に次の物色対
象に回っていく好循環が必要です。

しかし、このような時は往々にして意にそぐわない結果になること
が多いのが相場です。

注意が必要ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■株、FXが意味不明でも簡単に12日で29万円稼ぐ投資法を
徹底検証!
----------------------------------------------------------

少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。

でも、結果が出ました!!!凄いです!!!

もう〜!直接教えてあげたい〜!今すぐ教えてあげたい〜!っす。

でも著作権に引っかかるので、ここには書けません。
下のリンクからサイトを見て、確かめてください。

魅力的な内容です。でも、怪しいです。

そんな人の為に、下のほうに無料プレビュー版もあるので、迷われ
る方は手に入れてください。

無料プレビュー版はここから

12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)

カブヤは、12日で、この商材の金額の○○倍を稼ぎました♪
さらに12日後には・・・
(実際の金額はここには書けません(^_^;)

いつまでも利益の出ない情報ばかりではダメですねえ。
やはり、結果の出ている情報が一番ですネ♪

これからの時代は、ますます情報とスピードの差で、手に入れられ
る金額の差が広がっていきますね!

○情報を手に入れる
  ↓ ↓
○素直に、実行する

これができる人は、数%だと思いますが、行動をすれば、必ず何ら
かの結果がついてきます。

行動しない人には、良い結果も悪い結果もついてきません。
ということは、結局悪い結果なのですよ!

いつまでも行動できない人は、行動する事が大事!
損することばかり考えると、行動できなくなります。

まず、無料プレビュー版だけでも見てください。

12日で29万円稼ぐ投資法を徹底検証!

信じていいですよ。

カブヤが言えることは、【自分で試して実際に儲けた】ということです!


投資で儲けた分の一部を自分の頭に再投資することは、
とても大事なことです!
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

株は買われ過ぎ、売られ過ぎるからこそチャンスがあるんです!

以前にご紹介した、株の上げ下げを端的に表す「格言」で、「半値、
八掛け、二割引き」や「もうはまだなり、まだはもうなり」という、
株価の水準に言及した、格言のお話しをしたことがございます・・・。


私にも経験がありますが、「この辺まで下げればもうそろそろ大底
だろう」と、高を括っていると、その時点から更に大きく下げたり、
反対に「ここまで上げればもう天井に近いだろう」と思った瞬間か
ら暴騰して、あれよあれよという間に2倍になってしまったという
経験を何度となくしています。


例えば、日経平均の場合、1996年6月高値22750円から
2003年4月安値7,600円まで下げた時、20,000円以上
していた日経平均がまさか10,000円を割るとは思いません。


10,000円を割った時点で更に8,000円を割ってしまうま
で下げるとは思わないでしょう。


反対に、顕著な上昇例で「大同特殊鋼」をあげて見ますと、いくら
中国が特殊鋼の生産技術がないといっても、2002年11月につ
けた安値109円から一貫して上昇し、今年9月には828円の高
値をつけています。


この間、実に7.5倍強となっています。


株価は実力を先取りする為、実は実際の価値よりも買われ過ぎたり、
売られ過ぎたりということが現実的におこります。


かといって、この株価は実力と違うのだと大声で叫んだところで、
実際の取引価格がある以上、意味のないことです。


それよりも、株価は「過ぎることがある」という事実をうまく利用
すれば、大きく儲けることができることを、賢明な投資家は解って
いるのです。


もし、上下がなければ、投資資金を低金利の銀行に預けた方が安全
で得することになるのですから・・・。


---------------------------------------------------
---------------------------------------------------


少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。


でも、結果が出ました!!!凄いです!!!


もう〜!直接教えてあげたい〜!今すぐ教えてあげたい〜!っす。


でも著作権に引っかかるので、ここには書けません。
下のリンクからサイトを見て、確かめてください。


魅力的な内容です。でも、怪しいです。


そんな人の為に、下のほうに無料プレビュー版もあるので、迷われ
る方は手に入れてください。


12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)


カブヤは、12日で、この商材の金額の○○倍を稼ぎました♪
さらに12日後には・・・
(実際の金額はここには書けません(^_^;)


いつまでも利益の出ない情報ばかりではダメですねえ。
やはり、結果の出ている情報が一番ですネ♪


これからの時代は、ますます情報とスピードの差で、手に入れられ
る金額の差が広がっていきますね!


○情報を手に入れる
  ↓ ↓
○素直に、実行する


これができる人は、数%だと思いますが、行動をすれば、必ず何ら
かの結果がついてきます。


行動しない人には、良い結果も悪い結果もついてきません。
ということは、結局悪い結果なのですよ!


いつまでも行動できない人は、行動する事が大事!
損することばかり考えると、行動できなくなります。


まず、無料プレビュー版だけでも見てください。




posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

株主資本利益率【ROE】は、あなたの味方になる!


このところの堅調な相場は、国内勢の出遅れをさておいて、外人パ
ワーがここまでの相場を引っ張ってきました。


実は、彼等の投資判断ではこの「株主資本利益率」は日本の投資家
よりは大切にされる「指標」なのです・・・。


「企業は誰のもの」でしょうか?


多くの方は、普通「株主のもの」と答えるでしょう。


ところが、日本では最近でこそ「株主」の地位が強くなってきてい
ますが、どちらかと言えば「お金を出している人」より「企業で働
いている人」(多くは社員よりは取締役)の勢力が強いのが日本企
業の特徴なのです。


ところで、「ROE」は、株主資本(純資本)は、どれだけの利益
を生んだかを表す「指標」です。

この数値が大きい企業ほど、効率よく資本を活用している、ことを
あらわしているのですが、業績の悪い企業は、「ROE」が小さい
企業がほとんどで、当然、欠損を出している企業です。


外国企業では、株主の力が強い為「ROE」が高い企業の取締役が
有能な経営者であり、優良な企業という評価になります。


そのため、先ほど申し上げたように、日本よりは外国(特にアメリ
カ)の投資家は、「ROE」を投資の重要な指標として考える傾向
にあります。


東京市場が外国人投資家の積極的な買いによって、牽引されている
現況では、外人の好む「ROE」を重視していくことは、あなたの
投資効率の向上に役立つことになるわけです。

----------------------------------------------------
※これ、あまり言われていませんが、重要ですよ♪
----------------------------------------------------

銘柄選択の基準に「ROE」も加えてみては如何でしょうか!


---------------------------------------------------


※株式投資を一から勉強してみたい!
そんな方にピッタリのマニュアルがあります。

  ↓ ↓

稼ぐ株式投資最初の一歩


これを読むと株式投資のイロハがわかります。
かなり濃い内容で書かれています。



超短期投資分析表作成マニュアル


を購入すると、この「稼ぐ株式投資最初の一歩」が無料でもらえま
す。


ただし、11月末までの特典です。。。
お見逃しなく・・・
posted by 株屋博士 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

配当性向の高い会社は、本当に買いなの?


最近の投資家の傾向を見ていると「配当性向の高い会社」を買う
投資行動をよく見ます。


銀行預金利息の低迷で、利息による所得よりも少しでも多い配当を
期待しての行動と思われます。


また、投資アドバイザーなども「配当性向の高い銘柄」を推奨して
いますので、その傾向はこれからも顕著になるものと思われます。


ところで、配当が高いとは、どういうことを意味しているのでしょ
うか?



ある会社で一株の利益が100円あったとします。


もし、配当性向25%としますと、25円が株主に支払われ残りの
75円は内部留保で、利益準備金に組み入れられ資本の増加により、
将来の投資、又は欠損時の取り崩しなどに使われます。


このことは、一株株主資本が75円増加したことを意味します。


それでは、配当性向が5%ならばどうでしょうか?


株主には5円しか払われず、95円が内部留保ということになり、
一株株主資本は95円増加することになります。


よくよく考えてみますと、株主としての資産状況は、配当性向が高
かろうが低かろうが、変わらないことが理解できます。


だだ、株主として配当という、流動性の高い(現金)資産をたくさ
ん貰うか、それとも一株の価値の増加で貰うかの違いなのです。


ところが、最近のような低金利時代で、なおかつ上昇相場の時は、
配当性向の高い銘柄が買われる傾向があり、その結果、たくさんの
配当にあずかりながら、株価上昇という、ダブルメリットが実現で
きる時期なのです。


あえて、時期と申し上げたのは、常にそのダブルメリットを享受で
きるとは限らないということです。


日銀の金融政策の変化(公定歩合の上昇)、全体相場が調整局面に
入った時などは気をつけましょう。


配当と内部留保は企業にとっては相反する財産状態を意味すること
ですから!


----------------------------------------------

◆無料レポート⇒株式長者への最短距離
        

◆無料レポート⇒デイトレで月収150万への道
        

◆株式投資の入り口は?⇒稼ぐ株式投資最初の一歩
            



posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

ボラティリティーと投資効率


投資家は、安全に極大利益を求める傾向があります。


投資の世界では、この相反する命題を追及して、誰もが投資行動を
おこしています。


この安全の対極にある用語に「ボラティリティー」という用語があ
ります。

この用語は、オプション取引をされている方はご存知と思いますが、
株価の動きが大きくなると「ボラティリティーが大きい」と言われ
ます。


裏をかえしますと、振れ幅が大きい訳で「ボラティリティー」は、
「リスク」と同じ意味にもつかわれます。


投資家が望む「安全」とは「確実」と言う意味が多いのでしょうが、
もう一方で、安全は「ボラティリティーが小さい」、つまり、あま
り株価が動かない、ということなのです。


もし、株価が動かないとしたら、また、いつ動き出すかわからない
としたら「儲けを期待して」投資する「株式投資」は、全く意味が
ないことになります。


結局「株式投資」で利益を望むのであれば、「ボラティリティーが
大きい」銘柄に乗るしかないのです。


よく下げられるのが嫌な投機家がおりますが、賢明な投機家は大き
く上げても、大きく下げても喜ぶことのできる人なのです。


なぜなら、彼等は「リスク」をチャンスととらえているからです。


彼等が一番嫌うのは「相場が動かない」ことです。


投資効率とは「ボラティリティーが大きい」銘柄を買って、短期間
で利益を出すことで、「値幅」だけでなく「時間」という要素も加
味されなければなりません。


結局「株式投資」とは「リスク」をとりつつ、短期で大きな利益を
だすための行動なのです。


----------------------------------------------

◆無料レポート⇒株式長者への最短距離
        http://joho.u-tyan.net/kabu/

◆無料レポート⇒デイトレで月収150万への道
        http://joho.u-tyan.net/day/

◆株式投資の入り口は?⇒稼ぐ株式投資最初の一歩
            http://kabu.u-tyan.net/s/
posted by 株屋博士 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

IPO(新規公開株)上場後の動きに注目すると!


株式投資をされている方の多くは、新規公開株に興味を持ったこと
が一度はあると思います。


新規公開の場合、まだ未公開の株に興味が集まることは、当たり前
のことですが、今日は、上場後の動きに注目してみることにしてみ
ましょう・・・。



新規に公開された株は、すべての銘柄とは言いませんが、上場後、
初値は高値で寄り付き買われることが多いのですが、その後は下落
する傾向にあります。


これは、期待感とご祝儀で高寄りするのでしょうが、高値を上手く
利食う短期勝負の投資家のうりに押されて下げる傾向にあることを
念頭に入れておきましょう。


そこで、あなたはこの上場後下がる習性を逆に利用することを考え
ればいいのです。


このように売り込まれた銘柄が、本当に将来性があり、特に売上と
営業利益が増益で推移していく、本当に投資価値のある会社ならば、
必ず再び評価されて上昇してきます。


業績が良ければ上場時の初値大きく上回って来ますので、底値を冷
徹に拾っておくと思わぬ大きな利益をだすことができます。


新規上場株は、株価に業績が大きく反映されますので、その条件を
満たしていれば、この安値圏で仕込んでおき、待てるだけの余裕の
ある方であれば4割以上の投資効率も夢ではありません。



「上場後の安値を買う」とても美味しい方法です。


お忘れなく!


-----------------------------------------------------


※15800円で購入できるのも、あと数時間です!

11/21より【1万円】値上げの、25800円になります。
今買っておかないと後悔しますよ♪

   ↓↓

■稼ぐデイトレテクニカルマニュアル



※上記購入者様には下記マニュアルが
 5,000円の割り引きあり!

   ↓↓

■超短期投資分析表作成マニュアル

 

posted by 株屋博士 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

トヨタ自動車

「省エネ・カー世界戦略」は、これからが本番のトヨタ自動車が、
250円高は5890円で、引け一時ザラバでは高値5960円
まであり、2000年4月20日に付けた上場来高値5800円を
更新しました・・・!


アメリカのビッグ・スリーが伸び悩む中、日本の自動車メーカー
勝ち組企業の代表格として、これからも相場全体のけん引役として
も注目していきたいところです。


原油相場は、原油先物価格が56ドル台に下落し、一時の高値から
は安定してきたとはいえ、まだまだ高値にあることには間違いあり
ません。


「ハイブリッド」も「電気自動車」もホンダ自動車とならんで、
一日の長があるTOYOTA。


更に連続増益基調とくれば、今まで新値をとってこなかったのが
不思議なくらいですね。


ロシアの極東にも工場を建設し世界戦略も着々と進めている同社の
評価は、上場来高値を更新したことから、これからが値が更に軽く
なるはずです。


こんなトヨタを原油高騰で潤った、オイルマネーが買うとしたら何
とも皮肉といえるかも!!


しかしこれが、株式市場なのです!!!





----【7,800円を無料で】--------------------------


何度か紹介しています「超短期投資分析表作成マニュアル」が
一部内容をバージョンアップをしています。


これで、かなり使い勝手が向上しました。
初心者の方にも安心です。


サポートも万全です。
決してあなたを一人ぼっちにはさせない内容になっています!


今回、期間限定として「超短期投資分析表作成マニュアル」を
お申し込みいただきますと、下記マニュアルを進呈しています。


○現在、株式投資でなかなか成果が出ない方
○これから株式投資をやってみたい・・・
○でもやり方がわからない。。。


株式投資家必見マニュアル!

  ↓ ↓

■稼ぐ株式投資 最初の一歩
http://kabu.u-tyan.net/s/

上記、販売価格:7,800円を無料でお付けします。

11月30日までのお申し込みに限ります。

「この機会に」とお考えの方は今すぐお申し込みください。


http://joho.u-tyan.net/kabu/



   

今から始められる人には、本当に必要なものだと思いますよ。



posted by 株屋博士 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(48) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

これは事件です!!(笑)


これは事件です!!(笑)


好評の「超短期投資分析表作成マニュアル」に新しい機能が追加さ
れて「売買ポイントの判定」が一目で解るようになったんです!


ご自分の売買したい銘柄の「最適売買ポイントの判定」が簡単に分
析できたらどんなに素晴らしいことだろうと思いませんか?


仕手株を買うにも、バリュー株を買いうにも、大切な事は高値買い
をしないことです。


それが、この「分析表」ならば、「谷」買い「山」で売るの短期ス
ウィング売買か可能になります。


せっかく安値で買っても、なかなか上がらない!
上がったと思ったらどこで利食って良いか解らない!


せっかく利が乗っているのに売り場を逃して利益を吐き出してしま
った。


こんな経験、どなたでもお持ちですネ(>_<)


この「バージョンアップ版」はビジュアルに「売買ポイントが判定
できる」ように工夫してあり、できる限り「効率の良い投資」がで
きるように条件設定してあります。


10年に一度の上昇相場!
このチャンスを逃さないために必携の「分析ツール」です。

---------------------------------------------------

「超短期投資分析表作成マニュアル」はあなたの銘柄の未来予測ま
で可能にします。


メールにて完全フォロー。
あなたを一人にはさせません。



※値上げ決定!



■稼ぐデイトレテクニカルマニュアル

15,800円⇒ 25,800円


15,800円での販売は11/20まで。。。


11/21より25,800円になります。


お急ぎください・・・



■あと2日で15,800円→25,800円に値上げ!





 







posted by 株屋博士 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

飛び交う「仕手・材料株情報」の功罪ってなによ

あなたは、インターネット、新聞、雑誌等で紹介されている
「仕手・材料株情報」で銘柄を買って失敗した経験がありません
か?


これらの情報を活用して儲けるには、その情報を解釈する力が必要
です・・・。


私たちの周りにはたくさんの情報が飛び交っていて「何が本当で、
何がガセネタ」かを判断することはとても難しいといえます。


あなたが、これらの情報を鵜呑みにして銘柄を売買すれば、まずや
られるのが落ちでしょう。


現時点で相場全体に上方のバイアスがかかっており、どんな銘柄で
も多少高いところを買っても、少し嫌な思いを我慢して持っていれ
ば利がのってきて儲かる相場です。


しかし、そんな相場ばかりではありません。


それどころか、一般的に言って「仕手・材料株情報」は本当に旬の
新しい情報なのでしょうか?


そこの判断を誤りますと「はめ込み、売り逃げ」なんてことも実際
にある話なのです。


それでは、短期急騰しますよといって教えてもらった銘柄の情報が
「新しいのか古いのか」誰か教えてくれる人がいますか?


まず居ません!


結局、「情報で儲けようとする者は、情報で損する」場合が多いの
です。

トータルでトントンならOKですが、引かされたら泣くに泣けない
ですね!

仕手・材料銘柄として得た情報を「自分で買っていいか悪いかを判
断できたら」どんなに良いことでしょう!


実は、確実に判断できる方法があります。


あなたは知りたいと思いませんか?


でも、相場の良い今は、貴方にとって必要ではないかもしれませ
ん?


「株式投資の勝ち組み」になるためには勝ちつづけなければなり
ません。


どうか情報に惑わされないように・・・!




いろんな情報に惑わされないためにも・・・
下記、必見です。


------------------------------------------------

※先日値上げの案内をしました下記マニュアルですが、

11/21より現在の15,800円→25,800円に価格を
上げるそうです。


発売記念として価格を抑えて販売されていたようですが、今後のサ
ポート体制の充実も考慮しての値上げです。


購入をご検討の方は、あと4日しかありません。
お急ぎください。



■あと4日で15,800円→25,800円に値上げ!


 
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

中期上昇トレンド変化なしも、短期は目先調整か?!

紀宮様、黒田様、ご結婚おめでとうございます。
この場をおかりしまして謹んでお祝い申し上げます。


一昨日からの全体相場の流れを分析していまして、短期トレンドに
変調をきたしているようです。


本日の相場如何では短期的に調整を余儀なくされる恐れがございま
す。


「カラ売り」はいけませんが、「買い方」は強気から中立にマイン
ドを保たれることが肝要かと思われます・・・。


今回の調整懸念はTOPIXの動きに最も顕著に現れています。


11月8日高値の1504ポイントを11月11日の高値1501ポイント
が抜けておらず、更に11月10日の安値1470ポイントを本日下回
ってくるようですと調整は必至と見なければなりません。


昨夜ロンドン市場で円が119円台の円安に突入。


貴方はこの円安で「輸出関連株」を買おうとおもいますか?


この円安は、アメリカ経済の強さ(堅調な成長)を囃してのドル高
ではありません。


これは以前にもお知らせしましたが、アメリカ国内へのドル還流政
策によるものでこの流れは今年いっぱい続きます。


つまり、良い円安ではありませんので、「輸出関連銘柄」に資金を
投入することは、慎まなければなりません。


これに加えて、キャピタルゲインをロスと相殺して税金の支払いを
少なくし、来年度の「キャッシュポジション確保」(現金資金の確
保)の一石二鳥を狙う、年末特有の動きがでてくる季節です。


お気を付けください。

------------------------------------------------

※先日値上げの案内をしました下記マニュアルですが、

11/21より現在の15,800円→25,800円に価格を
上げるそうです。

発売記念として価格を抑えて販売されていたようですが、今後のサ
ポート体制の充実も考慮しての値上げです。

購入をご検討の方は、あと4日しかありません。
お急ぎください。



■あと4日で15,800円→25,800円に値上げ!


 
posted by 株屋博士 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

短期投資は長期の視点を加味すると投資効率が高まるんです!



★ デイトレードで楽々ネット生活

------------------------------------------------------

あなたは、時々長期の視点で相場全体を検証することを、実行して
いますか?


具体的には、長期の値動きが手にとるように解る「月足チャート」
を時々ご覧になると、大きな相場の流れを把握することができます。


短期売買を旨としていらっしゃる方は、とかく相場の方向性を見失
いがちになりますから・・・。



この月足チャートをマスターすると、景気循環や相場の転換点の認
識、更には中期波動の確認が比較的容易にできる、というメリット
があります。


その上で、個別銘柄の月足もチェックしていきますと、相場の流れ
に同調して動いている銘柄、反対に、相場の動きとは関係なく独自
の動きをしている銘柄の発掘もできます。


もし貴方が信用の「カラ売り」をしないのであれば、全体下げ相場
に買い向かうのは、非情に危険です。


しかし、そんな中でも、例えば「薬品株」などのディフェンシブ銘
柄の他に独自の動きで上昇一本ずり銘柄もありますので、そんな
「お宝銘柄」を発掘することもできます。


しかし、それ以上に大事なことは、誰もが「上昇相場」にうかれて
酔っている時に、相場の方向性を注意深く見ながら、早めに調整局
面を掴み短期回転売買で資金効率を高めることに応用してみると、
思いがけない利益が転がり込んでくるかもしれませんよ!


何せ、短期売買の「高値掴み」は命取りになりかねませんから!


月足チャートが入手出来ない方は、「四季報」の上部に掲載されて
いる「月足チャート」でも十分です♪


posted by 株屋博士 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

蘇我入鹿宅跡じゃないよ!突発的な事件や材料で買われる銘柄を発掘する!!


私たちが生活している世界には、よきにつけ悪しきにつけ様々な事
件が毎日おこっています。


よくニュースなどを見ている時、グッド・ニュースならばよいので
すが、テロのようなひどい事件が起きた時はニュースの真実だけに
気持ちがいって、株に結びつけては考えられません。


そんな悪いニュースで材料に株を買うのはあまり感心しないかも知
れませんが、株(相場)の世界は非情なものです・・・。


どうも私たちは、ニュースなどを見ている時ただ漫然と見ている場
合が多いようです。


しかし、「抜け目のない人々」はこのニュースや事件は株価にどん
な影響を与えるのか?という意識でいつも見ています。


それを証拠に、何かの事件が起った時、必ずなんらかの銘柄が買わ
れている事実があるからです。


それは、一種の「連想ゲーム」のような、こじつけのような場合も
あります。


よく思うのですが、「風が吹けば、桶屋が儲かる」式の発想が必要
な場合があります。


そこで、貴方が常に意識しておかれると良い方法の一つは、毎日の
色々な事件や材料でどんな株が買われたり反応したりするかを、パ
ターン化し何かに書き留めるかして発想を豊かにしておくことです。


悪いニュースだからといって、一方的に売られる(個別の企業は
別)訳ではなく、材料には、裏と表があることも覚えておきましょ
う。


例えば、「国内線の航空機がハイジャックされた」ら航空関連株は
売られるのは当たり前ですが、一方で、JR各社は買われるはずで
す。


だから、株は面白いのですね!
「風が吹けば、桶屋が儲かる」 覚えておきましょう。


-----------------------------------------------------


ニオイで見わけろ!年利70%の投資法

オプションで稼ぐ! 究極のデイトレ必勝法!


posted by 株屋博士 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

利益の大小を決定する「投資家の心理」

「相場は相場に聞け」と言いますが、相場に聞くことが客観的にできる投資家はなかなかいないものです。


株式相場をやっている方でよく経験することですが、「もう」そろそろ危ないから利食っておこうか・・・とか、「まだまだ」この株は上がるよ・・・といった発言をよく聞きます・・・。


すべてとは言いませんが、「もう」危ないと思って売った瞬間から上がり始め、
あれよあれよという間におお化けしたとか、

反対に「まだ」大丈夫と思って継続していた銘柄が下がってしまい、
利益を吐き出して売るに売れない水準まで下がってしまった

という泣くに泣けない話まで色々きかされます。


人の感覚というのは、その時の希望的観測や人の噂、有名なファンドマネージャーの予測、新聞や雑誌などのコメントなどがインプットされ、

それらが客観的な資料として取り入れられるものでしたら良いのですが、案外自分に都合良く解釈してしまう場合が多いのです。


その結果としてこのようになってしまう事が多いのですね!


人の感覚はあてになりません。


そろそろと思って売った後に上がって、大きな利益を取りそこなったり、せっかく利益がのっているのに売りそこなって損をしてしまったり、そんなことが無いように、客観的に信頼できる分析法がより大切になります。


今回は上手くいった山勘が次に通用するという保障は何処にもありません。


現在のように相場環境の良い時こそ貴方の利益を目減りさせないように注意しましょう。


潮目は何時変わるかわかりません。

---------------------------------

客観的に信頼できる分析法は下記を参考に。。。
「超短期投資分析表作成マニュアル」

posted by 株屋博士 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。