2006年06月02日

いつものドレッシング買い。底打ち感はみえない!

昨日は大引け15時寸前まで日経平均はマイナスでした。

しかし大引けで意図的なドレッシング買いが入り、無理やりプラスで引けさせたかっこうです。

前日のシカゴ日経先物は大証比195円高で引け、NY市場も堅調に推移したことにより1日の東京市場は寄り付き15603円、前日比136円高で寄りました。

一時15655円まで買われましたが、その後は伸び悩み反対に昨日の安値15442円を下回る場面もあり、底打ちシグナルの点灯とはいかなかったようです。

今後、世界的な金利先高感も払拭できていない今、株式市場へ流入する資金は滞ることが推測されます。

新興市場も需給の悪化懸念は払拭できていないことが昨日も確認された流れで高よりマイナス引けとなっています。

このような状態が続くと個人投資家の資金が毀損して回転のきいた投資がしにくい状態どころか、追証負担から投げを誘う展開がまだまだ続く恐れもあります。

過去にもこのようなやりきれない相場は何度も何度も繰り返されてきたわけで、当たり前といえば当たり前なのですが、不思議なことにこのように下げていく相場でも買い向かう資金が多いのも株式相場の常です。

長期保有で塩漬けでも寝かしておく投資法なら理解できますが、やはり短期利益を目的とする投機家にとっては、売りで儲けるビッグチャンスということを忘れずに対応したいものです。

どうしても買いたい方は、信用買い残の少ない銘柄、信用の売り残が多く取り組みの良い銘柄を狙うしかなさそうです。
posted by 株屋博士 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

下値を割って...!リバウンド狙いは慎重に!

東京市場でテクニカルに黄信号がついた瞬間に、追い討ちをかけるようにNY市場が大幅安。

昨日の東京市場の大幅安を後押ししたかっこうで一時400円以上下げる場面もありました。
 
下値を試しにいったとき、日経平均ベースで15,508円を割り込むと最悪の状態になるのですが、残念ながら昨日完全に15,508円を終値ベースでも割ってしまいました。

株式関係の解説者は、下振れの話は業界の業績にも関係するのであからさまに言及しませんが、次の下値抵抗線が気になるところです。

とりあえず今後の注意点を整理してみますと、基本的には、昨日お話した外人の投資資金のシフトと再編成は金利動向がはっきりとするまで(米金利引き上げの打ち止めと日銀0金利政策の動向)は継続するものと考えられます。

今後のFOMCの動向には、極力注意してください。
その上で、次の上昇局面がリバウンドの域を脱しないものなのか、それとも上値取りのトレンドに乗ったのかで、投資スタンスを変えてゆくことか大切です。

来週の上昇局面から必ずもう一度下値を試しに来る筈ですので、次の上昇局面は飛び乗り禁物です。
再度下値を試しにきたとき次の下値のメドは、15,060円です。

ここを割らずに再騰して前波動の高値を上回ることが出来れば、中期上昇開始のシグナルと認識して構わないと言えます。
posted by 株屋博士 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

相場の【騰落率】って何??

以下の数字は何を意味しているのでしょう!

1−73 2−55 3−60 4−69 5−48 6−64
7−52 8−56 9−41 10−53 11−55 12−58


これ、引き算ではありません。
一つ一つの数字が意味を持っています。


数字の羅列だけで何がなんだか分からない?

それはとても正常な方です!


「早くモッタイブラナイデ答えを言えよ」

「ハイ、解りました」・・・。



この数字の「 ― 」の左側の数字は「月」を表しています。


また、右側の数字は「百分率」を表しています。
何の百分率かと申しますと・・・。


過去、約50年間の月々の相場「騰落率」です。
もうお分かりと思いますが;


1―73は過去約50年間の1月相場が上昇した年が73%あり
ました、という意味です。


同様に、2月が55%、3月は60%・・・という統計になって
います。


もう、鋭いあなたならお分かりですよね!


この月の上昇率の傾向を読みとって投資(株式の売買)に利用でき
ないかということです。


例えば、12月は、株が下げる傾向にありますから、「下がったと
ころを買っておいて、1月の高くなったところで利食う」という戦
法が、確率で考えれば有利なわけです。


同じく2月(又は3月)買いの4月売りなども有効ですし、9月は
41%と売られる月なのでここを利用しても良いでしょう。


こんなところにも儲けの種はころがっているのですね!
あなたも利用しては如何ですか!



-----------------------------------------------------------

いつのまにかインフォストアの全商品の中で2位になっています!
~~~~~~~~~~~~~~~~
すでに効果が現れ始めた人もいるということですね!



株、FXが意味不明でも簡単に12日で29万円稼ぐ投資法を徹底検証

【 http://fm7.biz/dn 】
posted by 株屋博士 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

年末の注意点を再確認!外人買いの先高期待に変化はない。

現在東京株式市場には、オイルマネーを含む大量の外国人買いが入
ってきており、その背景には日本株への強い先高期待があります。


ところで、1点押さえておいて頂きたいポイントがあります。


それは、以前にも言及してございますが、年末を控えて納税額を少
なくするため年間の株式取引で出た利益を圧縮しようと、あえて損
切りの売りを出す個人が今後増えてくることが想定されるという点
です。


最近嬉しいお便りを頂きましたので、ご紹介したいと思います。



(Iさんからのお便り)

今日は前場だけで資金の4%の利益が出ました。


監視銘柄が多く、暴騰を逃すことが多かったのですが、超短期分析
表の指示に従って入りました。

このやり方が一番値幅が取れ、上昇をしっかりとつかめるようです。

今まで以上に投資スタイルが確立した感じがあります。


地合いによって高値更新銘柄がよくある日、そうでない日があると
思いますが、1ヶ月で40%の利益をコンスタントにあげられるよう
にやっていきますので、また分からないことがありましたらよろし
くお願いします。


売買タイミングの分析が如何に大切か解りますネ!


このIさんが使った「超短期分析表」はこちらです。
 ↓↓
■超短期投資分析表作成マニュアル
http://fm7.biz/5w


これであなたも株式長者へとステップアップできるかも?
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

まだ買えるの?高騰中でも高いか安いか判定する方法!

東京マーケットは、日経平均株価が大幅高、前日比291円高の1
万5421円と今年2番目の上げ幅を記録して取引終了しました。

「当面は2000年4月12日の高値2万0833円から、
2003年安値7607.88円の下げの、黄金比率61.8%戻
しの1万5780円近辺がメド」と見る向きがありますが、はたし
て・・・。

ところで、これだけ沢山の銘柄が上げてきますと、現在の株価水準
が、高いのか安いのか、買える水準なのか、否かが、解らなくなっ
てしまいます。

そこで、一応の指針となる基準が欲しいところです。

今回ご紹介します方法は、先日紹介いたしました一株株主資本では
なく、その時、少々疑問符を持っていますと説明しましたPERに、
ある条件を加味して判定すれば確率がだんぜん高くなるというお話
しです。

ご存知、PERは「現在の株価÷一株益」で計算できます。

この指標の意味するところは、現時点で買った場合は、一株益がこ
のまま同じで継続した場合は、何年で投資資金を回収できるかとい
うことを判定に使えます。

従って、現在の株価が安くなるか、一株益が多くなるか、その双方
が同時に実現できるかで、割安株になるわけです。

しかし、今回のように軒並み株価が高騰して来ますと、PERの倍
率はドンドン高くなっていきます。

他にも、買いたい優良株は普段でも倍率が高い銘柄が多いのですか
ら余計買える銘柄が少なくなってしまいます。

そこで、このPERにもう一つ、ある条件を加えて見ましょう。

それは、その企業(銘柄)の成長率でPERを割ることによって
PERの精度を高める方法です。

ところで、成長率の計算方法ですが、一番一般的には、過去3〜5
年の経常利益率の平均と現在(来期)の経常利益率を見比べて算出
します。

過去の平均が20%で、現在も20%でしたら成長率は20%です。

もし、現在が15%でしたら15%を使います。

そこで、「PER ÷ 成長率」で計算しますと「指数」を求める
ことができますが、この指数を「PEGレシオ」と呼びます。

この「PEGレシオ」が1以下の時は割安株、1〜2は中立、
2以上は割高というのが一般的な判定法となります。

あなたも、軒並み高の中で割安株を見つけるには、この方法を利用
してみてはどうでしょうか!

-------------------------------------------------------

〓〓〓〓 お知らせです 〓〓〓〓〓〓

マニュアル購入者様への特典です。。。


■注目銘柄26選■

これから大活躍しそうな注目銘柄をそっとあなたに教えます。

厳選した26の銘柄を

「超短期投資分析表作成マニュアル」

ご購入の方にプレゼント。
この企画はいつ打ち切るかわかりませんので、お早めに!

-------------------------------------------------------
知らないと大損する! トレーダーのための投資ノウハウ
      
こちらもヨロシクです♪
posted by 株屋博士 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

3倍、4倍となるチェーン・ストアーを探すには!

35歳でセミリタイヤするための資産運用49の法則
〜普通のOL・サラリ−マンにできるセミリタイヤ資産運用マニュアル〜

   http://fm7.biz/5y

------------------------------------------------------------
東京市場の平均株価は、2000年12月13日の1万5168円
68銭以来、ほぼ5年振りに、引け値で1万5000円を回復しま
した。


目先調整も、どうやら2日間のスピード調整で終わり、買い意欲の
強さを改めて確認したかっこうですが、15,000円も単なる通
過点で一気に16,000円を目指すとの見方もあります・・・。


しかし、賢明なる投資家は、熱くならず、強気のスタンスの中にも
慎重な姿勢を持ちつづけて対処するものです。


欧州中央銀行(ECB)は、理事会で5年ぶりの利上げを決定しま
した。


主要政策金利である定例買いオペの最低応札金利を0.25%ポイ
ント引き上げ、2.25%としております。


円安が更に進みそうですね!
追い風となる銘柄とそうでない銘柄もありますが、将来の円高を期
待してドルを持つ外人が日本株を買うにはもってこいです。



それでは、本日の本題に入りたいとおもいます(笑)

皆さんもなじみの吉野家、スターバックス、ファーストリテイリン
グ、ドン・キホーテその他多くのチェーン・ストアが上場していま
すが、これらの銘柄は売上高だけを注意していると、思わぬ大損を
蒙ることがあります。


実は、チェーン店の売上高を構成する内容が、その後の株価が大き
く買われるか、それとも売られるかの結果に影響します。


答えは、とても簡単・シンプルで、言われれば「なんだ、当たり前
じゃないか、人をバカにするな」とお叱りを受けるかも知れません。


でも、言われないと気がつかないのであれば、それは、2歩も3歩
も知っている人より出遅れたことになります。


株式投資の世界では、その出遅れは「負け」を意味するのです。


そこで、あなたに理解しておいて頂きたいのですが、この小売・チ
ェーン店は新規出店で今期は何店舗とか、よく発表されます。


私たちもそれを聞いて「勢いがあるなー」と思い、投資判断の一因
にしたくなります。

なぜなら、新規出店=売上増となるからです。


しかし、いくら新規出店で売上が増加したところで、既存店の売上
が低下傾向の場合は、決して買ってよい銘柄とは言えないのです。


チェーン店(小売)の命は「売上高」ですが、既存店の不振を新規
出店で補おうとした時、チェーン店に待ち受けているものは、在庫
負担と資金繰りの悪化なのですから。


もし、貴方が3・4倍になるチェーン店銘柄を発掘したいのであれ
ば、既存店売上の伸びている銘柄を買うべきです。


このことは多くの方が、気がついていませんが、とても重要なこと
です。


是非、企業の売上高発表の内容に注意しましょう。


35歳でセミリタイヤするための資産運用49の法則
posted by 株屋博士 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

旨みのある銘柄を探す、とても簡単な方法って?

   チャンス!チャンス!チャンス!
   この機会を逃さないために。。。

15000円越えです!

それでは、今後の相場をより有利に運ぶ為にも、ここで割安銘柄の
発掘法を一つご紹介いたしましょうか・・・!!


  ●割安銘柄の発掘法●

あなたは、ご自分が銘柄を選択する場合、株価の水準が買われ過ぎ
かどうかを判断する方法として、どんな方法を使っていますか?

一般的にポピュラーな方法としては、PER(株価収益率)を使っ
ているのではないでしょうか!

このPERは、現在の株価を一株益で割って計算された値で、買わ
れ過ぎか否かを判定しますが、買われ過ぎとはいったい何倍からな
のか、私には、曖昧に思えてなりません。

一般的には20倍以上ならば買われ過ぎとか、何倍までなら買って
良いとか言っていますが、この基準は全銘柄の平均PERを参考に
しているようです。

しかし、35倍でも買われる銘柄は買われるのですから!

そこで、もう一つ別な観点から株価を見ることができます。

それは、現時点でその会社が解散したなら、一株いくらの価値にな
るのかという、貸借対照表の純資本つまり株主資本から判断する方
法です。

この純資本を発行済み株式総数で除しますと、一株株主資本が算出
されます。

つまり、この会社は現在、一株○○円の価値を実質的に持っている
わけですから、現在売買されている市場価格と比較して市場価格が
大幅に上回っていれば買われすぎ、下回っていれば安値におかれて
いる訳です。

だだ、これだけでは片手落ちです。

もし厳格に算定するならば、最低でも当期と来期の一株損益を加減
して算出した、一株株主資本を使用しなければなりません。


以上、言葉で説明すると、複雑に思えるかもしれませんが、計算は
非常に簡単です。

四季報には、必ず表示されていますので、銘柄選定の参考にして下
さいね!

さあ、今日もがんばりましょう!
posted by 株屋博士 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旨みのある銘柄を探す、とても簡単な方法って?

   チャンス!チャンス!チャンス!
   この機会を逃さないために。。。

15000円越えです!

それでは、今後の相場をより有利に運ぶ為にも、ここで割安銘柄の
発掘法を一つご紹介いたしましょうか・・・!!


  ●割安銘柄の発掘法●

あなたは、ご自分が銘柄を選択する場合、株価の水準が買われ過ぎ
かどうかを判断する方法として、どんな方法を使っていますか?

一般的にポピュラーな方法としては、PER(株価収益率)を使っ
ているのではないでしょうか!

このPERは、現在の株価を一株益で割って計算された値で、買わ
れ過ぎか否かを判定しますが、買われ過ぎとはいったい何倍からな
のか、私には、曖昧に思えてなりません。

一般的には20倍以上ならば買われ過ぎとか、何倍までなら買って
良いとか言っていますが、この基準は全銘柄の平均PERを参考に
しているようです。

しかし、35倍でも買われる銘柄は買われるのですから!

そこで、もう一つ別な観点から株価を見ることができます。

それは、現時点でその会社が解散したなら、一株いくらの価値にな
るのかという、貸借対照表の純資本つまり株主資本から判断する方
法です。

この純資本を発行済み株式総数で除しますと、一株株主資本が算出
されます。

つまり、この会社は現在、一株○○円の価値を実質的に持っている
わけですから、現在売買されている市場価格と比較して市場価格が
大幅に上回っていれば買われすぎ、下回っていれば安値におかれて
いる訳です。

だだ、これだけでは片手落ちです。

もし厳格に算定するならば、最低でも当期と来期の一株損益を加減
して算出した、一株株主資本を使用しなければなりません。


以上、言葉で説明すると、複雑に思えるかもしれませんが、計算は
非常に簡単です。

四季報には、必ず表示されていますので、銘柄選定の参考にして下
さいね!

さあ、今日もがんばりましょう!
posted by 株屋博士 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素材の高騰と株高の関係

東証1部の住友金属鉱山は日本を代表する「産金株」として有名で
すが、その株価が9月に長期のボックス圏から上放れて、新値を更
新し勢いが加速しています。


チャートをご覧になるとお分かりになると思いますが、2004年
1月から2005年8月まで800円を挟むボックス圏で、推移し
ていました・・・。


この動きの裏には、商品市況の「金」価格の騰勢が、大きな影響を
与えている訳ですが、この金価格の軌跡を追って見ますと、200
0年10月の、1オンス260ドル前後を底に現在まで、一貫して
上げ続け、ついに1オンス500ドルの大台に乗るところまできて
います。


反面、原油市場は8月半ばに1バーレル70ドルをつけた後は、下
げに転じていますが、東京株式市場と類似して商品市況でも資金の
循環物色が、旺盛なようです。


当然原油市場で潤った「オイルマネー」は、昨日お話ししました
「強いドル」で相対的に割安な日本株を、力ずくで買ってくるわけ
ですから、東京市場は過熱感があるにもかかわらず、売られても直
ぐに買い戻される展開となっています。


このような流れから、今回の素材市況の高騰は、住友金属鉱山のよ
うな個別銘柄を買う口実を与えながら、中長期的に全体の銘柄の水
準訂正が更に顕著になって行くものと思われます。


多少、短期の調整があっても、ロングで見れば日本株の上昇は、ま
だ道半ばというところでしょう。


この流れには逆らわないようにしましょう!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。

でも、結果が出ました!!!凄いです!!!

12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)



   http://fm7.biz/dn



投資で儲けた分の一部を自分の頭に再投資することは、
とても大事なことです!
posted by 株屋博士 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

外人はダブルで儲けているのです!ということは・・・&11/30まで

株、FXが意味不明でも簡単に12日間で29万円稼ぐ投資法を徹底検証!

ページ下に無料プレビュー版があります♪

----------------------------------------------------------

忘れないように【本日11月30日まで】のお知らせを先に。。。

「超短期投資分析表作成マニュアル」⇒ http://fm7.biz/5w

をお申し込みいただきますと、

「稼ぐ株式投資 最初の一歩」⇒ http://fm7.biz/79

を無料で差し上げています。


無料提供は【本日11月30日まで】のお申し込みで終了です。
「この機会に」とお考えの方は今すぐお申し込みください。


「こんな手引書が欲しかった・・・」
「自分の投資法の間違いがわかりました・・・」
「株投資に対する考え方が理解でき、とってもためになりました。」


こんなメールを多くいただいています。
このマニュアルはきっとあなたのお役に立てると思います。

お申し込みはこちらから⇒ http://fm7.biz/5w


-------------------------------------------------


いよいよ日経平均が15,000円を射程距離にとらえてきました。


あなたの成果は如何でしょうか?


昨日の主役は、ここのところ調整気味のブルーチップ銘柄をよそに、
値ガサ系ハイテク・半導体関連が上げを牽引しておりました。


相場自体は、主役が順番に入れ変わりながら、好循環の物色が続い
ており、アドバンテストが大幅高、東エレク、TDK、ソニー、シ
ャープが堅調でいずれも年初来高値を更新、日立、東芝、三菱電機
といった、主力ハイテク株も値を上げています。


指標の上では、先日、日経平均が28日の終値ベースでマイナスで
引けた場合には、目先調整となると指摘しておきましたが、このこ
とには変わりありません。


29日もこの指摘は生きております。


ところで、日経平均が15,000円目前まで上げてまいりました
が、この上げを後押ししているのは、こちらも120円目前まで下
げてきた円の神通力でしょうか。


確かに、円安によってハイテク輸出産業は「国際競争力」がつく訳
でしょうから、買われて当たり前ですが、もう少し深読みして見ま
すと、更に株価上昇のわけがあります。


今回の円安は、アメリカの国策がらみということは、以前にお話し
してございますが、この円安は一説によりますと、来年初頭に12
5円ぐらいまで進むという人もいます。


一時105円前後で推移していた円ですが、その頃から比較すれば
ドルの購買力は14%以上強くなっています。


かといって、現在、日本株を売る理由は何もないどころか、世界で
一番魅力のある市場なのですから、強まったドルを持っている外人
にとっては相対的に安く日本株を買えるチャンスです。

------------------------------------------------------------
それだけではなく、彼等にとって次に来る円高で、十分に利益の乗
った日本株を売ってドルに換えればダブルで儲かることになります。
------------------------------------------------------------

いかがですか、このストーリーは、どうも3年前から出来上がって
いたように思えてなりません。

今となってはですが(^_^;)


そのころ、外人の第一陣の大量買いが始まりました。
丁度、日経平均が最安値を付けたころです。


またしても、彼等にやられるのでしょうか!
日本の投資家ガンバレ!



下記無料レポートも是非、お読みください・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少し前に知ったときには「魅力はあるが、なにか怪しいなあ、本当
だろうか?」と半信半疑でした。

でも、結果が出ました!!!凄いです!!!

12日であっさりと元は取れてしまいます(笑)


http://fm7.biz/dn


投資で儲けた分の一部を自分の頭に再投資することは、
とても大事なことです!
posted by 株屋博士 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 毎日がんばってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。